スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でか自宅のPCからログインが出来ませんね、昨晩遅くの話ですけど。

一応大学からという事で。 
後で再度試します、今日は直ったかもしれないし。

ということで状況終了。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

自治体財政健全化法について -自治体経営論Ⅱ-

 1990年代以降、バブル崩壊によって、より国家財政が苦しくなった政府は、地方の公共事業にかかる費用について、地方債から償還させることによって国の負担を削減しようとした。
 また2001年以降には、小泉政権下、『三位一体の改革』が推し進められる。
 この改革の目的は、国家財政の再建と大企業本位の財政運営であり、小さな政府化することによって国の支出を減らすことにあった。
 そのために(1)地方交付税の縮小、(2)地方へ財源移譲、(3)国庫からの地方負担補助金の縮小・廃止の三本柱が掲げられた。
 
 ここまでの流れは、地方自治体に自治権の移譲を建前に、国家的統制から自治体を切り捨てていこうとするものである。
 さて地方自治体の多くは、法人本社の多くが都心部に移動し、法人税等の重要な財源が慢性的に不足していること、多くを地方債発行に頼り、半ば自転車操業的な状態が続いていることもあり、不足部分の多くを国からの補助金に頼ってきているのが現状だ。
 前述の改革の流れから、補助金が減った地方自治体は、行政サービスの質を低下させるなどの自己財政の健全化を余儀なくされた。
 ただ、あくまで自主的に行われるものであり、サービス低下を恐れた一部自治体は地方債発行を増やす、一部サービスを第三セクター化するなどの対策で、行政サービス維持を行うことが可能であった。
 ところが2007年に成立した自治体財政健全化法は、この流れに逆行しむしろ国家的統制によって自治体の財政健全化を義務付けていこうとするものである。
本法律では、「財政の健全性」を判断するための、四つの指標の公表が義務付けられた。
 ①収支額における実質赤字比率が一定率、5%(都道府県)または20%(市町村)を越えている自治体。
 ②連結実質赤字比率が一定率、15%(都道府県)または30%(市町村)を越えている自治体。
 ③収支額における実質公債比率が一定率、ともに35%を越える自治体。
 ④将来負担比率が一定率、400%(都道府県)または350%(市町村)を越える可能性がある自治体。(ただしこれは早期健全化基準のみ)
 これらの基準のうちで1つでも満たす自治体は、早期是正団体となり、財政健全化計画の策定とこれの提出、その他の措置が国から義務付けられることになる。
 また大きな変化として、それまでの財政再建法による財政の健全化の指標は、自治体の一般会計だけで判断されていたが、本法律では公営企業や第三セクターの会計も指標の影響を受ける。
 それにより、健全化の義務化がより強化されている。
 加えて自治体財政健全化法は「財政の健全化」を目的とする法律であり、自治体経営の再建を目指すものではない。財政健全化計画は自ずと行政サービスの低下を前提としたものになるのが普通である。
 
 では行政サービスの低下のよって、具体的にどのような問題がみられるのか。
 一番の問題となってくるのは上下水道の管理や、公営の市立病院の運営に支障をきたす可能性があるということだ。
 特に市立病院経営については、早期健全化を越えた公営企業の会計、総数156会計の約3割にあたる会計赤字は、病院経営によるものであった。
 この結果、健全化の名の下に病院が統廃合され、救急医療に支障が出る、賃金カットによる医師離れが進み、地域医療に影響も出るケースが多くなった。
 またこれより更に深刻な財政状態になれば、通常の職員の給与も削減し、人件費削減をしなければならなくなる。 
 自ずと行政サービス全体の質が低下していくだろう。
 一番困るのは自治体に暮らす、我々住民なのである。
 
 施行前の2006年に破綻した夕張市は、「最低限度の行政サービス」を掲げ、行政のスリム化と住民に対する負担増加を図る方針を打ち出している。
 しかしその破綻原因となった巨額な負債が、実は国の政策転換によって炭鉱会社の所有する土地を肩代わりしたことによるもの、地方交付税の減額が、国の改革、三位一体の改革のあおりを受けた形になったということが知られている。
 加えて夕張市側も対策を講じず、改善の機会を逸したことにも問題を深刻にしている。 
 本来あるべきは、住民の暮らしを良くすることではないのだろうか。
 また地方分権の観点からも、財政健全化に、国の関与を強く受ける事は改善すべきことであろう。



参考・参照

財政健全化法を考える
http://www.kadoma-shisyokurou.org/tihoujiti/zaiseikenzanka.hou.html
自治体財政健全化法の政令の公布にあたって
http://www.jichiro.gr.jp/seimei/071228.htm
北海道新聞『自治体財政健全化法案』
http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20070324/
朝日新聞2008/10/1『赤字自治体 倹約を徹底』

theme : 社会学
genre : 学問・文化・芸術

神奈川大学主催:「希少動物保護の現状と課題-イリオモテヤマネコ保護の条例化によせて」

 愛護を目的とした、犬猫の保護条例は多数の自治体に見られますが、飼い主の努力義務は低いものです。

 このたび西表島の竹富町で可決された条例は、国内初であろう、野生希少動物の厳格な保護を目的とした「町ネコ飼養条例」の改正です。

 それを記念し、本学にて講演会が開かれました。



『希少動物保護と自治体行政~野生動物学の立場から』
 獣医師の羽山伸一先生からお話をいただきました。

 ネコ、特に愛玩目的で連れてこられたものが野生化したことよって、閉鎖された生態系が損なわれ、希少動物に危害を加えるケースが多いそうです。
  特にガラパゴス諸島は、持ち込まれたネコが野生化し生態系を崩したことによって、自然遺産から危機遺産へと降格されるほど、事態は深刻を極めています。

 日本では実態はどうなのか。

 1.ペットの外来化(野生化)がせいた池尾を破壊することへ自治体がどういう防止策の役割を持つか
 ここでアライグマの野生化問題が挙げられています。 
 アライグマはもともと野生動物で、ペットとして飼うには難しい動物です。
 アニメの影響もあり一時期ブームとなりましたが、結局飼うのが困難になった飼い主が捨てたために、野生化して日本全国に『外来種』として生息するようになりました。
 もともと日本にいなかった生物であり、そのため家畜や農作物を荒らしたり、土着の希少動物に危害を加えるなのど、後々問題となりました。

 これ対する自治体の対策として、
 1.そもそも野生動物由来の動物を飼育させないこと
 2.ペット動物=人工生物の飼育登録と適正飼育の制度化
 3.ペットの野生化の防止
 があげられます。
 3については、ツシマヤマネコと小笠原列島の実例を元に詳しく語られています。

 ツシマヤマネコはイリオモテヤマネコの同じ、日本に生息する数少ない山猫です。
 主に長崎県の対馬に生息していましたが、近年特に数が減っているようです。
 それ原因となっているのが、持ち込まれたネコが野生化したことによる餌の激減と、そのネコからネコエイズが感染し、それが閉鎖された島内で劇的に蔓延してしまったことがあります。
 
 同じような実例として小笠原諸島の希少動物が野生化したネコの餌になってしまい激減した例があります。
 有人島である小笠原諸島ではペットの流入・野生化は止められません。そのため医療機関を経て、捕らえた野生化したネコを、本土へ送る方法が採られました。
 元々ペットであるネコは、野生化してもすぐに人間に慣れることができるそうです。
 
 ただこの方法ではいたちごっこであり、被害が確認されないと措置を講じることもできない為、画期的な解決策とはいえません。 
 そのためその後の小笠原諸島では、保護動物のいる区域にネコ除外フェンスを自治体の資金を基に造ったり、懇談会を開くなどして、人の意識から変えていこうという動きが活発になっているそうです。
 
 そもそも希少動物の保護の責任は誰が持つのか、欧米では70年代からすでに保護法が存在し、国家から保護を推進してきました。
 しかし日本が法律によって保護され始めるのは90年代、それ以前は国・自治体ともに保護において無頓着であったと言われます。
 また国の制定した保護の法律で保護が約束された生物は81種類、絶滅が危惧される動物が列挙されたレッドリスト登録になっている生物3155種類から比べるとあまりに少ないのが現状です。

 やはり国だけでは、うまくその地域にあった保護というのはできません。
 重要となってくるのは保護すべき生態系・生物がいる地域・自治体が、率先して保護していかなければならないことだということでした。

 もう1つ講演がありましたので、続きは後半に。
 

theme : 自然科学
genre : 学問・文化・芸術

倒産処理法2ー① 前田先生

 温故知新。
 まあ、よく言ったものです。
 こう、記事に困ったときは、過去に戻ってみるのがよろしいかと。

 という訳で、戻りに戻って講義内容の復習でも。 
 大学は年明けすぐテストですからね、どこも。
 同学の方、どんどんパクって構いません。 そのうちレポート課題も載せます。
 
 …落としても責任取りませんけれども。


 話が大分ぶっ飛んでますが、破産時に破産手続を経ずに行使できる、別途権のお話を。

 別途権には担保というものが該当します。
 担保とは、万が一債権が返されないときに発動して、担保としたものを債権の代わりとして弁済してもらうものです。
 もちろん、契約時に担保を事前設定しておく必要はあります。

 破産はその、『万が一債権が返されないとき』にあたるわけですから、破産手続と関係なく発動できる別途権と言えます。

 民法上には典型担保として、
 ①留置権、②先取特権、③質権、④抵当(根抵当)権の4つがあります。(民295条以下)
 これら典型担保においても、
 
 ①の留置権の場合、これは弁済を受けるまで担保のかかった物品を差置いておく権利であり、破産手続の開始がなされると、効力を失うことになります。
 
 ②の先取特権の場合、更に一般先取特権と特別先取特権に分類されます。
 一般先取特権とされるのは、共益の費用・雇用関係費用・葬式代・日用品の費用であり、
 これらについては、『優先破産債務』として破産手続の中に組み込まれてしまいます。
 そのため別途権がありません。
 
 その他、特別先取特権、③質権、④抵当・根抵当権については別途権として破産に関係なく発動できます。

 典型担保以外にも、譲渡担保や所有権留保と言った、非典型担保もあります。
 これらはその担保のもつ法的性質によって別途権の有無が決まりますが、大方は別途権有とみなされているのが実状のようです。
 
 抵当権発動によって弁済を受ける際は、裁判所の仲介による差押及び競売によって行われます。
 仮に競売で落札された額が、債権額より少なかった場合においては、不足分を破産債権にまわす方法をとることによって不足分を回収することができます。

 ただ実状として、不足分の申告は破産手続の最後配分除斥期間までになされる必要があり、通常落札して額が決定するまでに約6ヶ月かかる抵当権発動に対して、手続開始から配当まで2ヶ月もかからない破産手続の早さを見れば、不足分を破産債権にまわすのは非常に難しい事です。

 そこで抵当権者は、
 ①抵当権を放棄して、別途債権付破産債権にする方法と、
 ②破産配当を諦める。
 のどちらかをとることとなります。
 
 落札額を推測しなければならないことですが、落札額が低くなりそうで且つ抵当権設定順位が低い
 抵当権者の場合、配当を受けるため抵当権を放棄するほうが多く回収できる場合もあるようです。

 長くなりましたので、続きはまた次回と言うことで。
 次は破産債権の意義と連帯保証関係と連帯債務関係の違いについてお話できたらと思います。

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

民法特講 石川先生

 今回は過失について、少し間が空きましたがお話します。
 
 過失については、
 『知らないことについて過失があったというのは注意義務によって評価』
 されます。
 
 つまり、甘く言えば過失ではなくなってしまうし、厳しく見ると過失になる、ということです。
 
 これについて、もう少し簡単にいえば、過失というものは『規範的要件』と呼ばれ、
 『一定の法律効果が発生するための要件、この中で評価が必要になってくるもの』
 で、これが成立するために具体的事実が必要とされます。

 例えば、

 過失の主張として、相手が居眠り運転をしていたとして、
   ↓
 その抗弁として、相手は道脇のバニーガールを見ていたため、わき見運転をしていたと主張
   ↓
 その再抗弁として、では居眠り運転ではないが、わき見をしていたため事故になったと主張

 といったやり取りがあったとします。

 ここで裁判のやり方をみると、弁論主義というのが採用されています。
 弁論主義においては、当事者の申し合わせた事実が主要な事実となり、例えば「借りたお金を返した」という主張がなされれば、その主張はその裁判の主要な事実となります。
 そして、そのお金を返した事実を証明するために、返した事実を裏付ける証拠が、その裁判における間接的な事実となります。

 例題に戻れば、過失についてはかつて裁判における主要な事実とみなされ、「居眠り運転をしていた」だとか「わき見だった」といったものが、過失を証明する間接的な事実と考えられてきました。

 しかし現在では、先に述べたように過失は『一定の効果が発生するための、規範的要件』であり、
 居眠り運転であったというのが主要な事実で、それを間接的事実、「居眠り運転であったなら道脇のバニーガールは見えなかった」などの証明によって過失自体が評価されるべき、という考えになっているようです。

 過失について少し難しく、自分なりに噛み砕いて書いてみました。

 講義内容はこのあと詐欺・強迫に移ったので、また別記事に書いていこうと思います。

 

 
プロフィール

Alvis

Author:Alvis
circle 「Alvis」

作品02『明日の空へと、続く道。』 体験版冊子
コミックマーケット81 東地区(第4ホール)プ-29a
にて出展!(無料配布)
※12月31日無事配布できました。
完全配布ありがとうございました!!


作品01『TIME PARADOX』.
コミックマーケット78
東地区(第2ホール) “U”ブロック-05a
にて販売!
※8月14日 無事出品できました。
沢山のご参加、ありがとうございました。


※主な参加者たち※

冬青(シーモンキー)
シナリオを完成目指してさらに踏ん張ります。 
読みは『そよご』です。
冬場に赤い小さい実をつける、必ず見たことあるやつから採りました


柏木青春、あるいは炉暖(積極投稿、BB中毒者)
工場勤務にファミマでバイトのWワーク。ゲームをコンシューマ、アーケード、PC問わず扱っていきます。雑記も多め。自作小説もちょこちょこと。同人ゲームのシナリオも作ってます。
・艦これ(プラウザ)
ラバウル提督
・Bloodborne(PS4)
コードは「seisyun_4432」
実況動画シリーズの投稿始めました。
mixiの方でも同名で活動しています。マイミク申請気軽にどうぞ。


翔星(バイト戦士)
部品製造工場を退職して
昼夜逆転し、ダブルバイトしながら就職活動中。
しかしゲームはやめられない。

プレイ中のゲーム
MonsterHunter4(3DS)
3DSフレンドコード「2277-6750-0700」
mii名:syosei

涼音(やらないか?)
某国パン粉等製造会社所属。
ゲーム制作では音楽を担当してますっせw
生存確認。逝ったかと思ったよ。(↑とんでもねぇ、待ってたんだ)
ボダブレPN「バイト募集中」クラス「B3」重火は( ゚Д゚)!?
※11/26 バナー欄を追加しました、よかったらどうぞw
※11/28 テンプレ変えてみました、テーマは『マイナスイオン』
※11/30 ミク時計とったどぉぉぉぉぉぉ!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
応援バナー
時計
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
twitter
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
応援バナー
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。